ホーム > ピックアップ > 赤ちゃんから教わる美容

赤ちゃんから教わる美容

私は、1歳の赤ちゃんを持つ母です。子どもが生まれてから、食べ物と赤ちゃんの肌の関係が密接なことに気づき、ずっと観察し続けてきました。

 

赤ちゃんの肌はプルンプルンで美しいもの、と思われる方が多いかもしれませんが、生まれてすぐには乳児湿疹というものができ、その後も食べた食べ物の影響でカサカサになったり、ニキビのようなぶつぶつした湿疹ができたりと、いつも美しい肌の状態を保てるわけではありません。

 

わが子は、特に生まれて半年は母乳のみで育てていたため、彼女が摂取する食べ物は、私のおっぱいで、つまりは、私が食べたものです。

 

その食べ物が、彼女にとって消化しにくいものだったり、体に負担になるものだったとき、カサカサやぶつぶつになって表面化するのです。それに気づいてからは、彼女に影響が出る、卵、乳製品、青魚など強いものを食べずに母乳を与えると、すべすべの美しい肌になりました。

 

それをヒントに、私自身も食べた食べ物と肌への密接な関係を認識し、自分自身で摂取する食べ物を気を付けてみました。すると、みるみるうちに肌が美しく変わっていきました。赤ちゃんに教わった、ありがたい美容術です。

まつ毛の美容にはビマトプロスト美容液がすごい

 


関連記事

  1. 赤ちゃんから教わる美容

    私は、1歳の赤ちゃんを持つ母です。子どもが生まれてから、食べ物と赤ちゃんの肌の関...

  2. テスト

    テスト記事です。...